1. TOP
  2. 新生児・首すわり前
  3. カバーオール肌着の意外な魅力!ベビー肌着比較、第三弾!

カバーオール肌着の意外な魅力!ベビー肌着比較、第三弾!

 2018/06/07 新生児・首すわり前
この記事は約 7 分で読めます。 4,893 Views

いよいよ三大ベビー肌着(私が勝手に言っているだけです)比較企画の第三弾です!!

 

今回は私のイチ押し「カバーオール肌着」についてです。

 

短肌着、コンビ肌着で数を揃える方が多いと思いますので、まずは保険も兼ねての2.3枚にカバーオール肌着はいかがでしょうか?

 

 

通年使える隠れた才能

 

メーカーによってはカバーオールと同じ形のものをプレオールと呼ぶこともあるみたいです。

 

本当にベビー服は難しいですね(;・∀・)

 

カバーオール肌着は股のボタンを留めるとズボンタイプになる肌着です。

 

新生児肌着の売り場だと種類が少ないので見落としてしまうかもしれません。

 

それでも、他の肌着にはない魅力があるので紹介させていただきます!

 

季節を問わず活躍

 

股のボタンがしっかり留まるので股下の保温力が高くコンビ肌着より安心感があります。

 

涼しい季節はもちろん、夏場のエアコン対策にもおすすめですよ。

 

通年素材のものから、あったか素材、さわやか素材と種類があるので、コンビ肌着ではちょっと心配な時に活躍してくれます。

 

ぱっと見ウエア?

 

おむつまでしっかり覆おうズボンタイプなので、デザインによってはウエアのように見えるものもあります。

 

外側に紐がなく、ボタンやマジックテープで留めるタイプだと、よりウエア感が増しますよ!

 

肌着+ウエアだと着せすぎる場合、ちょっとのおでかけだから着替えが面倒な時にとても便利です。

 

ウエアに見えても肌着なので、単体で着せられて本当に重宝します。

 

コンビ肌着とロンパースの間

 

どうしてもコンビ肌着は新生児の印象が強く、新生児期を卒業するとちょっと違うタイプのベビー服も着せてみたい…となると思います。

 

でも、ロンパースはまだ早いし…。

 

そんな時におすすめなのがカバーオール肌着です。

 

家の中でウエアを着せる季節じゃない場合でもウエア感を楽しめますよ!

 

 

カバーオール肌着の欠点は?

 

コンビ肌着かカバーオール肌着かで悩む方も多いかと思います。

 

残念ながらコンビ肌着に比べると欠点が多いのがカバーオール肌着です。

 

今回は欠点と私が工夫した点を一緒にご紹介しますね。

 

ボタンが面倒くさい

 

カバーオール肌着は、ズボンタイプにする為に股のボタンが5個~6個あります。

 

これが良い点でもあり、欠点でもあります。

 

夫はいつまでもボタンをずらして留めていました…(´Д⊂

 

お世話に慣れない時期は、手間になってしまうので残念ながらおすすめできないです。

 

また、開けたままにするのはデザイン上ちょっと無理な場合があります。

 

開けたままにするとこんな感じになります。

 

 

両方ともカバーオール肌着ですが、ちょっと違いがありますね。

 

右のピンクの方のデザインだと、股の生地がだらりと下がり、私は開けたまま着せるのは抵抗がありました。

 

左側のグレーの方のデザインだと、ボタンを留めていなくてそこまで変に見えないですよね。

 

しかし、残念ながら赤ちゃんの肌着は袋に入っていることがほとんどです。

 

買う前にこれを見分けるのは難しく、狙って買うのは無理に思えます。

 

その為、カバーオール肌着は股のボタンは留めて使うか、多少変でも開けて使うことを考えて買った方が良いです。

 

左側のデザインならラッキー!くらいの感覚で…(;´∀`)

 

お世話に慣れるまではコンビ肌着メインで、慣れて来たらカバーオール肌着を導入するのがおすすめです。

 

我が家でも1ヶ月に近くなった頃からカバーオール肌着を着せる頻度が上がりました。

種類が少ない

 

娘が3ヶ月になるまでは、主に西松屋と赤ちゃん本舗でベビー服を買っていたのですが、自分の好みに合った物を見つけるのに苦労しました。

 

夏に向けて少しサイズの大きな肌着を買い足そうと思い、カバーオール肌着を探したのですがサイズ70だと男の子デザインが多かった印象です。

 

もっと探せばあるのかもしれませんが、どこの店でも安定して手に入るコンビ肌着との差を感じました。

 

 

カバーオール肌着はいつまで着られる?

 

5ヶ月、約8㎏でも着せていました!

 

本当にカバーオール肌着にはお世話になりました(笑)

 

それでは、我が家での長持ちの理由をご紹介します!

 

パジャマに変身

 

3ヶ月頃からまとまって寝るようになると、朝晩のメリハリをつけるためにパジャマを導入する方もいるそうです。

 

我が家でも導入しよう!と思ったのですが…

 

「それなりに夜のおむつ替えもあるしセパレートタイプのパジャマは面倒くさい」

 

「大人と違って毎日綺麗なパジャマを着せる為には、別途パジャマを数セット買わなければいけない」

 

「このタイミングで買ったパジャマは果たしていつまで着られるのだろうか…」

 

という悩みから、活動的な昼間をロンパースタイプの肌着にして、カバーオール肌着をパジャマにすることにしました。

 

元々枚数は持っていたので、全ての問題が解決です!

 

コンビ肌着も最初はパジャマ要員だったのですが、寝る前のジタバタで紐を解いてしまうようになり、結局はカバーオール肌着がパジャマの主力でした。

 

サイズアウトするとどうなる?

 

コンビ肌着と同じで、股のボタンが留まらなくなるか、胸の紐が縛りにくくなります。

 

我が家の場合、サイズ50の冬用あったか素材のカバーオール肌着は、胴回りがキツくなり胸のマジックテープが留めにくくなりました。

 

また、コンビ肌着と違ってお股からおむつは飛び出さないので見た目は問題ないですが、おむつがサイズアップすると股のボタンがきつくなります。

 

 

おすすめカバーオール肌着

 

一番上に来る胸の部分が紐ではなく、マジックテープやボタンのものがおすすめです。

 

赤ちゃんが掴んで引っ張るようになっても長く使えますよ!

 

もしマジックテープタイプを選ぶ場合は、洗う時は洗濯ネットを使う、着せる時はチクチクした面がズレないようにしっかり留めるという点にご注意ください。

 

油断するとガーゼやタオルなどがひっついて大変なことになりますヽ(;´Д`)ノ

 

また、新生児期はいつもより寒い・暑い時に使えるようにあったか素材、さわやか素材のものを数枚買うのがベストです。

 

お世話に慣れて買い足そうかな?と思ったらその時点での成長の様子で、少し大きめのカバーオール肌着を追加すると、首すわり、寝返り期まで長く活躍してくれますよヽ(*´∀`)ノ

 

関連記事:ベビーウエア(新生児服)を買う前に!プレママに知って欲しいこと

 

 

まとめ

 

サイズと素材、デザインを工夫すれば、首すわり・寝返り期まで長く活躍してくれます。

 

カバーオール肌着もコンビ肌着と同様に単体で着せられます。

 

カバーオール肌着の場合は、ウエア感も楽しめるのでぜひデザインにも拘ってみてくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

我が家のBIG BABY★の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

我が家のBIG BABY★の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 短肌着、コンビ肌着、カバーオール肌着を比較!第一弾は短肌着

  • かぶりタイプはいつから?かぶりベビー服のメリット・デメリット

  • 万能なコンビ肌着の欠点とは!?ベビー肌着比較、第二弾!

  • ロンパースとは?複雑なベビー服の名称との簡単な付き合い方!