1. TOP
  2. ベビー服共通
  3. ベビー服を一緒に洗濯できるのはいつから?別洗濯の卒業の時期

ベビー服を一緒に洗濯できるのはいつから?別洗濯の卒業の時期

 2018/06/25 ベビー服共通
この記事は約 7 分で読めます。 1,298 Views

 

新生児の頃は、肌に触れるものは全て水通し、大人とは別に赤ちゃん用洗剤で洗濯。

 

忙しい日々の中、何とか合間を見て洗濯を…とみなさん頑張っていると思います。

 

正直、面倒くさいですよね(;・∀・)

 

「もう一緒に洗いたい!いつまで何度も洗濯機回すのー!?」

 

と、思いますよね。

 

私もかなり面倒に感じてきました。

 

そこで、今回は「どうして別々に洗濯するのか」「一緒に洗濯するにはどうすれば良いか」について考えてみることにします!

 

 

ベビー服を別に洗濯する理由

 

大人の服と一緒に洗濯できない理由は大きく3つありました。

 

① 大人用の洗濯洗剤だと肌の刺激になる成分が含まれている
② 大人の服のホルムアルデヒドがベビー服に移ってしまう
③ 大人の汚れと赤ちゃんの汚れは違う

 

ひとつずつ解決できるか考えてみます!

 

 

洗濯洗剤・柔軟剤を一緒にできる?

 

大人の服とベビー服、両方を安心して洗える状況なら洗濯洗剤・柔軟剤を分ける必要がなくなりますよね。

 

洗濯洗剤は一緒にできる?

 

赤ちゃんの肌に刺激になるのが、蛍光剤・漂白剤・界面活性剤(天然由来でないもの)と言われています。

 

この洗濯用の洗剤の違いが、洗濯を分ける大きな理由ですよね。

 

我が家の場合は、大人も肌が弱いので、なるべく刺激の少ないものをと思い、無けい光の洗濯洗剤を使っています。

 

LIONのトップクリアリキッドで、しっかり無けい光と書かれていますよ。

 

 

このように大人用の洗濯洗剤でも刺激の少ない成分のものも売られています。

 

赤ちゃん用には敵いませんが、大人用洗剤に統一するなら少しでも優しい成分の方が安心ですね。

 

赤ちゃん用の洗濯洗剤に比べれば、大人用の洗濯洗剤の方が汚れ落ちも良さそうです。

 

柔軟剤は一緒にできる?

 

実は、洗濯洗剤・柔軟剤を別々に買うのが面倒で、せめて柔軟剤だけでも統一できないかと思い、大人の洗濯物に赤ちゃん用の柔軟剤を使ってみたことがあります。

 

仕上がりは問題なし、ふんわり感も大満足です。

 

しかし、ひとつ問題がありました…。

 

今まで我が家では、大人の洗濯物は部屋干し臭を抑えて、香りがつくタイプのものを使っていました。

 

それが、赤ちゃん用の柔軟剤だと何となく臭い戻りが気になります…。

 

娘の洗濯物は部屋干ししても全く臭いが気にならないのに…。

 

やはり、大人と赤ちゃんでは汚れの成分が違うんですね(ノД`)

 

理想は赤ちゃん用の柔軟剤への統一ですが、我が家のように効果が気になる場合は、大人用の柔軟剤で程良いものを探すようになりそうです。

 

ベビー服の洗濯お試し方法

 

大人用の洗濯洗剤・柔軟剤で洗っても影響がないか確認する方法は、大人の洗濯と一緒にまずは1枚ベビー服を洗います。

 

最初は肌に直接触れる機会が少ないアウターやウエアなどからです。

 

しっかりと様子を確認して進め、最終的に肌着など直接肌に触れるもので試して問題なければ大丈夫です。

 

湿疹が出ていたり、体調が悪かったりと赤ちゃんの状況次第で結果が変わるので焦りは禁物ですよ。

 

通常の洗濯モードで洗う?

 

忘れてはいけないのが、洗濯機のモード(コース)です。

 

我が家では、大人は通常コース、赤ちゃん用はドライコースで洗濯しています。

 

大人の洗濯物を手洗いに近い優しい洗い方で洗うのは現実的ではないので、統一するなら通常コースになりますね。

 

通常コースだと洗濯の威力が違うので、繊維が細いベビー服などは、洗濯ネットに入れて洗うなどの対策が必要になりそうです。

 

我が家の結論

 

洗濯洗剤・柔軟剤・洗濯コースについて、一旦ここでまとめると

 

① 大人用、もしくは赤ちゃん用の洗濯洗剤・柔軟剤に統一できる
② 洗濯機のコースを統一できる

 

残念ながら、現時点ではどちらも無理です。

 

これから少しずつ試しながら、ちょうど良い方法を見つけたいと思います!

 

 

ホルムアルデヒド対策

 

そもそもホルムアルデヒドって…(;・∀・)

 

ということで調べました!(笑)

 

衣類の縮みやしわを防ぐ為に使われている刺激の強い物質だそうです。

 

赤ちゃんには刺激が強すぎる物質の為、生後24ヶ月以内を対象としたものには規制がかかります。

 

逆に規制のない25ヶ月~大人までを対象にした洋服には含まれるということです。

 

ただし、水に溶ける性質なので、新品の服を洗ってしまえば、それ以降は気にする必要はありません。

 

洗濯の時の注意点としては、3歳を迎えるまでは大人の新品の洋服と一緒には洗わない!ということになります。

 

大人の衣類が新品かどうかの管理が面倒ですね(´Д`ノ)ノ

 

 

大人の汚れと赤ちゃんの汚れ

 

見だしはふんわりした表現にしましたが、単刀直入に言います。

 

「夫の香しい靴下と赤ちゃんのガーゼを一緒に洗えますか?」

 

「料理で油汚れや臭いがついたエプロンと赤ちゃんのスタイを一緒に洗えますか?」

 

という話ですヽ(´Д`)ノ

 

酷い汚れとは別洗濯にすれば良い…結局2回洗濯するのかい!ってなりますよね(笑)

 

これが今のところ私を一番悩ませているポイントです。

 

 

私の結論

 

ちょうど良い具合を見つけるには時間がかかりそうです。

 

現状を考えると、これは洗える、これは別洗いと分ける方が面倒に感じます。

 

いつか、娘がごはんで服をベタベタにしたり、どろんこで帰って来たりするころには、もういいや!とまとめて洗うようになりそうですね(笑)

 

それまでは、すっぱりきっぱり別洗濯の方が洗濯のやりくりが楽かもしれません!

 

ということで、我が家はしばらくはこのまま、赤ちゃんと大人は別洗濯が続きそうです。

 

関連記事:ロンパースとは?複雑なベビー服の名称との簡単な付き合い方!

 

 

まとめ

 

・洗濯洗剤・柔軟剤・洗濯機のコースが統一できる。

・大人の洗濯物の汚れレベルが赤ちゃんのものと一緒に洗える程度。

・大人の新品のものが混ざっていない。

 

以上の3点をクリアすれば、大人の服と赤ちゃんの服を一緒に洗濯できるようになります。

 

赤ちゃんを第一に焦らずに程よい方法を見つけてくださいね。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

我が家のBIG BABY★の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

我が家のBIG BABY★の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ベビー服の水通しはいつまで?水通しの理由と卒業のタイミング

  • セパレート風コーデを楽しむ!おすすめロンパースと着せ方を紹介!

  • ベビー服の失敗しない買い方!失敗から学んだ3つのコツを教えます!